Destrucution and Construction

2012-03-12

 

20120312-181452.jpg

このブログでも幾度もご紹介している
大島石採掘場です。

僕の目にはこう観えてます、という
雰囲気のある写真になったと思います。

僕たち石材人にとっては、
とは、この採掘場のことを指します。

そしてその という表現には、
山の神様 への畏敬の思いも含まれていると思います。

僕が石屋をすることになり、
初めてこの現場に立ったとき感じたことは、

人間、こんなことしていいのか?

という感覚でした。
それはもちろんこの、自然破壊に関してです。

昔ふうにいうと、
「ばちがあたるんやないか?」
という感覚でしょうか(#^.^#)

山で働く仲間たちは、口に出していわないだけで、皆多かれ少なかれ、この感覚を持ち合わせていると思います。

しかし、だからこそ、やる意義がある。

二度とは戻らない大切な資源を
いただくのです。

山への感謝を忘れず、
乱獲はせず。
そして
この石を通して関われる皆さんには、
なんとしても幸せになっていただく義務があります(笑)

そんな思いの篭った大島石でお墓を
たてて、その中で眠るご先祖様が喜ばないわけがありません!(笑)

そんな思いを、少しでも多くの人たちに伝えたくて、今日もこうして書き綴っております。(^O^☆♪

蟻と騎士道

2012-02-29

小田和比古ブログへようこそ★

今日のテーマは、「蟻と騎士道」ッ!!!

蟻と騎士道って、ぜんぜん関連性がないように思われますが、

実はそうでもないかもしれないのです。

 

蟻さんは、とてもよく働きますが、その中の2割ほどは、働かずに

うろうろしているそうです。

さらに、その2割を除いて、残りの8割の蟻さんを働かせたところ、

なんと その中の2割が働かなくなる(笑)とのことらしいです 😯

 

ここまでは有名な話なのですが、がしかし!!

実はその2割は、不慮の事態、外敵の来襲など備えるために

温存しているという説もあるのだそうです。

 

そして武士道ならぬ騎士道とは、一般に

ノブレス オブリージュ または ノーブル オブリゲーション

と呼ばれます。これは、「高貴な身分の責任、義務」といった意味で、

普段はスポーツに興じたり、文化的なことばかりやっている騎士ランクの人たちが

いざ戦争などが起こったときは、先頭に立って国や人民を守るために戦うといった

精神性を表しているのだそうです。

 

どうでしょう?蟻さんにも同じことがいえないでしょうか。

蟻さんの場合は人間のように、

リーダーシップだとか精神性で動いているわけではないのでしょうが、

自然の中で生き抜くための本能として、そのバランスが保たれているというのは、

とても興味深いですね!!!

 

また裏を返せば、世の中でリーダーになるべき一握りの人たちは、

よく遊び、よく学び、ゆとりをもち、そしていざというときは

身を呈して、部下や仲間のために戦う、ということが大切なのでしょう 😛



 

明日のために靴を磨こう

2012-02-25

僕たちの日々の歩行を支えてくれている、

現在では化学繊維のものや、合成皮革のものも多いですが、その起源はやはり、天然皮なのでしょう。

おそらくは遥か昔、食用として捕らえていた獣の皮で作っていたのではないでしょうか。
それは大切で貴重な資源を、僅かでも無駄にしないという精神でもあったと思いますd(^_^o)

現在の革靴も、一足(両足分)を作るのに、革をまるまる一頭分必要なのだと聞いたことがあります。

そんな大事な靴を永く、綺麗にこれからも使っていけるように、
たまにはお手入れしてあげます★

明日もまた新たな気持ちで一緒に出かけ、
共に闘えるように‼



20120225-231552.jpg

石屋の星★★★

2012-02-24

恒例の採石場視察シリーズ!!今週のお客様は

星山石材 株式会社 様!

 大島石特級材に囲まれてぱちり。

 

加賀百万石であまりにも有名な石川県金沢市にて、墓石加工、小売、霊園経営

をされております。

星山社長はとても穏やかな方ながら、墓石店としてのプライドを強くもっておられ、

自分の扱う石は可能な限り自分の目で確かめる!!!

という信念のもと、この度の来訪となりました。

加工過程の石を見る目も、真剣そのもの★★★

でもその目の奥に秘めているのは、とてもやさしい石への眼差し★★★

このようなお心もちで扱っていただけるのは、

僕たちも、石も、とても幸せです。

 

2日間の道程の中で、僕もたくさんのことを学ばせていただきました。

 

石屋の星、星山社長の今後の更なるご活躍に、乞うご期待です!!!

 

 

また一人、ここを訪れる

2012-02-13

本日は昨日に引き続き、採石場への
お客様がありました。

広島県で石材加工、小売業を営む
藤友石材様です!

全国に墓石店はたくさんありますが、
自社で加工をする墓石店はたいへん少ないです。

以前ご紹介させていただいた、
江口石碑店様同様、
この藤友石材様も、ご自身の手で石を切って磨き、お墓を作る本物のプロです‼

ただ今日はあいにくの雨。・゜・(ノД`)・゜・。

しかし、プロの目はやはり違います。
雨を物ともせず、真剣な眼差しで
石に、山に向き合っておいででした!




20120213-203709.jpg山に向き合う漢たち。



20120213-203759.jpg採石場頂上ちかくにて。


やはり、
大島石は自分で切って作りたい
と、石への愛情深く語っておられました!


そして、もはやお約束となりました、

食堂みつばちへ!


常に料理の味をブラッシュアップしているこちらでは、以前よりさらに美味しくなったたこカレーをいただきました。

本日は雨の中ご来場ありがとうございました。
藤友石材様のさらなる活躍に乞うご期待です‼

Copyright(C) 2018 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.