山西石材の今日

2012-07-09
Facebook にシェア

大島石のことなら、石のやまにし★
小田和比古ブログへようこそ★


本日の業務は伊予大島です。

早速ですがまずは、
ジェットバーナー作業中山西石材へ。





ジェットバーナーを利用して、
岩盤に二本の切れ目が、縦に入っているのがお分かりいただけると思います。

向かって左は現在作業中ですので、
石の粉が吹き飛んできておりますね!(◎_◎;)


このジェットバーナーというもの、
実際のところは


石を切る のではなく、

石の組成を引き離し、吹き飛ばす

というのが正しい表現と思います。

大島石の組成とは、

前回お話させていただいた(大島石の組成)、

石英、チョウ石、黒雲母 の三つです。


これらの熱膨張率がそれぞれ違うことを利用して、

適度な(とはいっても凄い高熱ですが)
熱の炎を当てることにより、組成が剥がれていくわけです。


飛び出している石の粉は、そうして引き剥がされた石なんですね(^-^)


このジェットバーナー、その名の通り凄い轟音ですので、とても会話などできない現場となります。

採石場で働くクルーたちは、
自然と、身振り手振りのジェスチャーで意思疎通する術を身につけるのです(^O^☆♪


ジェットバーナーの本体や、詳細はまた次回‼


大島石産出元 石のやまにし
お問い合わせはこちら⇩
フリーコール0800-700-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.