大島石の中の山西

2012-05-21
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★


本日も伊予大島からお届けします!




20120521-161825.jpg

この伊予大島の中で大島石を生業にする人たちの中には、


小田 性の方は結構いらっしゃいます。


その中には、親戚筋のものもあれば、そうでないものもありますが、

遠くではみんな繋がっていることでしょう(#^.^#)





ですから、県外のお取引先様にとってみると、

えっ?苗字が山西なんじゃないの?」とか

なんで小田石材じゃないの?」

といった声をよく頂戴します(笑)



はい、つまり山西というのは、
いわゆる屋号なんですね★



山西の採石場は、
大島石でも最も良質とされる余所国地区の採石場の中で、一番端の辺りに位置しております。

※またその場所は、地獄谷と呼ばれます(((o(*゚▽゚*)o)))何かいかつい笑



その歴史は古く、確認できる限りでも
江戸後期くらいからの採石の実積があります!(◎_◎;)
※古い資料は、火事で燃えてしまったとのことです。


その歴史のなかには、面白いエピソードも多くあります。
それはおいおいご紹介させていただこうと思いますので、是非お楽しみに!



さて僕がこの業界に携わってからこれまで、
色んな大島石を見てきましたが、
僕が得た山西の石に関しての特徴をまとめますと、


1 堅い
2 経年変化に強い、艶持ちがいい
3 石目は均一過ぎないが、奥行き深い
4 色の濃さは、”黒”よりも”青”寄り


といった感じです★
1、2は、おおむね大島石全般に言えることですが、
3、4に関しては、ウチらしさの部分かなと思っております(#^.^#)


通好み、玄人好みの趣もありますね★


展示場で眺めるより、
実際に墓地に据わったときのムードが最高ですよ‼



20120521-165017.jpg


ほしたら(それでは)今日はこの辺で★



大島特級山西 伊予大島大山石 取扱窓口
石のやまにし 小田和比古
お問い合わせはこちらへ⇩
フリーコール0800-700-1194

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.