広島の暮石

2012-11-16
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★



数ある暮石店の中でも、
弊社の特徴は、

大島石 採石から行っている

ということです★


その立場上、色々な土地のお墓事情を学ぶことが多いのですが、

土地によっては、驚くほどお墓事情は違います!(◎_◎;)



かたちも違えば、
使う石の色も様々ですが、
その多くはやはり

地元産の石を使用する

ということがあります。



現代のように流通が発達していない時代は、極力近くで採れる石しか使いようがなかったともいえるでしょう。




その中で広島県では、
やはり

大島石 が、


古来より根強く暮石として使われてきました。

20121116-050437.jpg




さてここで、広島や中四国、京阪神に至るまで、大島石が永く愛されてきた理由とは、

地の利 だけであったのでしょうか。



わたしはそれだけではないと思います。



それは、
死後の世界をどう考えるか
ということにおいて、


よりよい供養、安寧 のために、
最適なムードの石が選ばれた

ということだと思います。




「なんだ、ムードって( ̄▽ ̄)」

と思われるかもしれませんが笑



しかしこのムードって、ことのほか重要なんです。


安らかに

と願われる暮石なのに、

なんか心がざわめく、

落ち着かない


ムードの石ですと、


供養する、という主旨からずれてしまいます。

よく問い合わせをいただく、

洋風のお墓についても、

「なにか落ち着かない、、、」

とお感じになる方の感覚もまた確かにあるのです。




墓地の景観を崩さず、
心やすらかに、お参りができる。



これは、わざわざ言うことではないかもしれませんが、結構重要なんですね。



説明が長くなりましたが苦笑

大島石のもつそのムードが、
供養石塔として適している


ということを、実績が証明しているわけですね(#^.^#)!










お墓を建てる、その意味合いに立ちかえってみてください。


カッコいいデザインも大事です。

ステイタスも大事です。

利便性も大事です。


そして、

安らかに眠れるお墓って、どんなだろう?」

と考えるとき、

それがきちんと達成されると信じて使われてきた、歴史ある石を選ぶことは、素晴らしいことだと思います!



大島石の歴史は、まさに、
その信頼の証なのです★





20121116-054050.jpg


森の国墓苑
お問い合わせはこちら⇩
0800-300-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.