コダック

2012-07-21
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★

現在、週刊新潮という雑誌のコラムで、

考えない葦/コダックが選んだ茨の道

という連載があります。

コダックとは、当時世界でも圧倒的なシェアを保有していた、フィルムメーカーです。

利益率70パーセント(‼‼)を誇り、
従業員への福利厚生も最高ランクと言われた超優良企業が、

フィルム⇒デジタル化 の変遷のなかで、

如何にして倒産に至ったかが語られてます。

それには沢山の要素があるのですが、
その中の一つに、

来るべきデジタル化に向けて、
事業をシフトしていくことに対して、
株主の同意が得られなかった

ということがあったようです。

このままいけば、企業が立ち行かなくなるのは火を見るより明らか。
当然、薄利になろうとも企業は事業転換を図り、生き残らねばならない。

しかし、株主にしてみたら、

何年後かの会社の将来のために、みすみす株主配当金を減らされるよりは、

あと数年であっても、現状の高配当を確保するほうがよい

ということになっていたのだそうです。

、、、、。

なんとも薄情にも思えますが、

あまりにも大きな事業規模、
あまりにも多くの人が関わり、
あまりにも完成された収益性であったがゆえに、

それを変えることは難しかったのでしょう。

その中でコダック経営陣は、
何を考え、どう判断したのか。

どうすべきだったのか。

どうすれば、倒産を止められたのか。

これはメーカーサイドの仕事ならば、
どんな職種にも起こり得る事態です。

それぞれの仕事と置き換えてみると、
すごく興味深い(◎_◎;)。

気になられた方は是非読んで見てください★

森の国墓苑
お問い合わせはこちら⇩
0800-300-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2018 永代供養・樹木墓完備『森の国墓苑』 All Rights Reserved.