オートクチュールとプレタポルテ2

2012-06-07
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★


今日は以前もお話した、
オートクチュールとプレタポルテ」続編です(^-^)


服飾業界でいえば、
もとはといえばオートクチュールが定番でした。
個人のために、特別にしつらえた、
特別な服に熱狂する時代。


舞台はやはり、ファッションの中心地パリ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


そんな中、やがてプレタポルテへの流れが生まれるのですが、

プレタポルテの何がいいかというと、



デザイナーの意図した世界感を、そのまま着られる



ということだと思います★



プレタポルテの台頭により当時パリでは、まるでランウェイショーに出てるファッションモデルのような人たちが、街に登場し始め、
センセーショナルだったといいます。



オートクチュールの場合、その服は
着用者の体型に合わせるため、
完全にデザイナーの純粋な世界観を反映するものではないともいえます。


それに対しプレタポルテは、
デザイナーの世界観に、着用者が合わせるということになります。


カール・ラガーフェルドという有名なデザイナーが、

ディオール オム というブランドの服を着るために、

13ヶ月で42キロの減量に成功した、というエピソードは、有名で象徴的です(((o(*゚▽゚*)o)))



さてお墓の場合も(笑)、
同様のケースはあるわけです★

お墓には、工芸品としての価値もありますので、


石工さんが丹精込めて作った、

デザイナーズ石塔


の、完成された世界観を買う、というのも良い選択だと思います(#^.^#)‼



こういうふうに考えると、お墓選びもなかなか楽しいものになると思いませんか(^◇^)?笑



大島石産出元 石のやまにし
小田和比古
お問い合わせはこちら⇩
フリーコール0800-700-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp


20120607-215730.jpg

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.