屈強な男

2012-05-02
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★

小田和比古ブログへようこそ★

 

実家の本棚にあった、この本が目に付きました!

 !!!!!!!!! 😯

絵に描いたような屈強な肉体そそられるタイトル

 

当時名実ともに無敵の柔道家であった木村政彦氏。

そのエピソードは枚挙に暇がないほどですが、

とにもかくにも、常人離れした強さの持ち主だったそうです。

 

 

その木村氏は、なぜ力道山に負けたのか。

そしてなぜ力道山を殺さなかったのか?  

 

なにやら矛盾する話ですが、つまりこの本はそういう内容だそうです(笑)

 

さて単純に、強い ということは凄いことですね。

やはり男とは、なにかそういったものにロマンを感じるところがあります。

ところでアメリカの男性は、かっこいいムキムキの肉体になりたいがために、

胸板を厚くする外科手術をする人までいるそうですが、これは余談 😉

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.