葬式不要、戒名不要

2012-04-22
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★


葬式不要、戒名不要

これは終戦のころ、吉田茂首相の側近であった

白洲次郎さんの言葉です。


奇しくも現代、

宗教ばなれ、
お寺ばなれ が叫ばれて、

葬式も質素でいいし、お墓もいらないから、自分の骨は海に撒いてくれればいい
という声が多く、

つまるところ葬式不要、戒名不要
な流れとなってます(苦笑)f^_^;)

しかし現代人のそれは、白洲次郎さんの意思とはまるで違うでしょう。
その殆どは、取り巻く環境や、
経済的な問題のためと思います。



白洲次郎さんは死後の世界に関して、

死んだらクサるのみ

的な発言もされており、
なんというか、

死後に思いを馳せる時間があったら、その分濃く生きろ!

的な考えだったのかなと感じます。


まあしかし、白洲次郎さんのような豪気な方はまれで(笑)
僕たちの殆どは、死を恐れたり、
祈りにすがりながら生活してます。


ともあれ、
お葬式にせよ戒名にせよ、
その意味するところには

故人の安らかな眠りを願って

という一面があると思うのです。

それは、当然規模や金額の問題ではありませんが、

はやりすたりで、ないがしろにしてよいものではないはずです。


死別してもなお、その人を大切にする
ということは、大切な精神文化だと思います(^◇^)!



※筆者小田和比古は、白洲次郎さんの
いちファンでして(^-^)
またいろんなエピソードをお話していきたいなと思います!
特に、これからの若者に知ってもらいたい人です★

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.