2012-04-16
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★

小田和比古ブログへようこそ★

 

先週金曜~日曜は、岡山県~鳥取県まで旅してきました。

ふと、



なるものを辞書で引いてみると、

「現在住んでいる場所を離れ、一時別の場所へ行く」といった意味合いでした。

 

つまり、故郷のない、帰るところのない道程は、正確には旅とは言わないようです 🙄

僕たちの人生がひとつの旅だとするならば、

その旅を終えるとき、僕たちはどこへ還るべきなのでしょう。

 

それはやはり故郷であり、

家族のもと であり、

生まれ育った国土 なのではないかと

僕は考えます。

 

人生という旅を終え、還ってくる身体と魂。

それを迎えるお墓には、

叶うことなら国産の石がいい、と皆さんが仰られます。それも、納得ですね★

鳥取県、赤碕「波しぐれ三度笠」にて。

ながい船旅に出た家族の帰りを、今か今かと待ちわびる姿なのでしょう。

まさに、

 と 故郷 ですね★

 

 

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.