剣に生きるものは、ついには剣で死ぬ

2012-03-28
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★

今日のタイトルは、
司馬遼太郎先生の著作「燃えよ剣」
での一こまです。


剣に生きるものは、ついには剣で死ぬ。


白刃の乱戦となったとき、我が剣が次の敵を追い求め、その場から逃げることを許さない。ついには斬られるまで闘い続ける といった状況を指しての言葉のようです!


ある友人の言葉で、
「パチンコは絶対勝てんよ〜f^_^;)
だって負けるまで打つんじゃから」
というのを思い出しました(笑)

まあそれは置いといて(^_^o)


崇高に、立派に生きることと、

生き抜く ということは

やはり別物のようです。


かの宮本武蔵も、
太陽を背にして闘ったり、
わざと決闘に遅刻して相手を焦らし、
心理的に優位に立とうとしたりしました。

生き抜くために卑怯なことをしろ、
ということではありませんが、

正しく立派な行動規範をもってしても、ときには生き抜けられない世の中であることは、念頭に置いておくべきなのかもしれません。


難しい話になりましたf^_^;)汗

ともかくも、

「どう生きたいか」

これは、ぶれないようにしっかり定めて歩きたいものですね★

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.