Destrucution and Construction

2012-03-12
Facebook にシェア

 

20120312-181452.jpg

このブログでも幾度もご紹介している
大島石採掘場です。

僕の目にはこう観えてます、という
雰囲気のある写真になったと思います。

僕たち石材人にとっては、
とは、この採掘場のことを指します。

そしてその という表現には、
山の神様 への畏敬の思いも含まれていると思います。

僕が石屋をすることになり、
初めてこの現場に立ったとき感じたことは、

人間、こんなことしていいのか?

という感覚でした。
それはもちろんこの、自然破壊に関してです。

昔ふうにいうと、
「ばちがあたるんやないか?」
という感覚でしょうか(#^.^#)

山で働く仲間たちは、口に出していわないだけで、皆多かれ少なかれ、この感覚を持ち合わせていると思います。

しかし、だからこそ、やる意義がある。

二度とは戻らない大切な資源を
いただくのです。

山への感謝を忘れず、
乱獲はせず。
そして
この石を通して関われる皆さんには、
なんとしても幸せになっていただく義務があります(笑)

そんな思いの篭った大島石でお墓を
たてて、その中で眠るご先祖様が喜ばないわけがありません!(笑)

そんな思いを、少しでも多くの人たちに伝えたくて、今日もこうして書き綴っております。(^O^☆♪

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.