心の拠り所

2013-09-04
Facebook にシェア

東広島の霊園、墓地なら
黒瀬森の国墓苑へ⭐

今朝のニュースにて、

「東北震災復興の今」についてのコーナーがありました。

現在でも非常に多くの方が、
未だ見つからない家族、
そしてその痕跡を
探す活動を続けております。

その中で、取材された男性(息子さんが行方不明)
がインタビューでお話されたのは、

骨のかけらでもいいから見つかればと望んでいるけど、叶わないのかな、、、」

という言葉でした。

もはや、安否が絶望的なのは、
皆がわかりきっている。
また、あの津波に呑まれた中で、
遺品を探すことがいかに困難であるかも。

しかし、供養する対象、つまり

いなくなったその家族そのもの

と感じられるものが戻らなければ、

心の整理がつかないのだと。

しかし、

「こんなことをいつまでも続けていくわけにもいかないから、
今回の取材時の調査で区切りにしようと思う」

ともお話されておりました。

さて、タイトルの “心の拠り所“、

その男性を含む多くの遺族は、

まさにそれを失っているのだと思います。

今回の震災のご遺族のように、

必死にその心の拠り所を探し求める人もいれば、

逆に現代には、自ら心の拠り所となるべきもの(骨、お墓)を手放し、切り離そうとする人が増えつづけてもいます。

理不尽に奪われる場合と、

自ら意思を持って選ぶ場合とでは、

プロセスが180度違いますが、

結果として、”心の拠り所となるべきもの”を無くしていることは同じなのです。

しかしやはり私は、

心の拠り所“は切り離すべきでない

と言いたい。

なぜならば、

人は無くしたときに、
始めてその大切さに気付く

からです。

現代の都市部を中心に、
多くの人が”切り離そう“としているものは、
奪われ無くした“とき、かほどに狂おしいほど
、追い求めるものであることが実証されているからです。

森の国墓苑

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2018 永代供養・樹木墓完備『森の国墓苑』 All Rights Reserved.