寿司は餌になった

2013-03-14
Facebook にシェア

東広島の霊園、墓地なら、
黒瀬森の国墓苑へ★


現在HPリニューアル中につき、
少し久しぶりのブログアップです。



さて、タイトルの意味合いは何かといいますと、

昨日食べた回転寿司 のお話なわけです。



昨日、地元では人気の回転寿司屋さんに行きました。
平日でも順番待ちになるような人気店です。
味もよい、サービスも早い。そして安い。


そりゃあ人気でるわけだ!
もはや、回転寿司とは一つの文化ですね、、、(((o(*゚▽゚*)o)))


しかしふと気づいたことがあるのです。



なにげなーく満席の店内を見渡してみると、たくさんの家族がいるわけですが、その中に


幸せな顔をしている人が一人もいない。


強いて言えば、子供がはしゃいでいるくらいでしょうか。


こんなに安くて旨くてサービス良いのに、なんでだ⁉と考えてみますと、


つまりそれは、



食事を挟んだ家族の団らんではなく、

そこにあるのは、

流れてくる寿司と、自分の関係だけ

になっているのです。




食事しながら、家族や板前さんと会話を楽しむのではなく、


のべつひまなく流れてくる寿司に対し、次はなにを食べようか考えるだけになってしまっている。




それじゃ、餌と一緒じゃないか‼

さらにそれじゃ、握ってる寿司職人さんも浮かばれないよ、、、( ;´Д`)




いやいや、

安くて早くて旨いものが提供されること自体は、消費者にはとても良いことだと思います。

しかし、それも行きすぎると、

なにか大切なものを無くしていくような気が、、、



なんでもかんでも、合理化、
省エネで、

「まあこれでいいじゃん」


という世の中。



そんな中で、日々家族のために調理をする全国のお母さんは、
本当にすごい、ヒーローだと思います。



個人的な想いのたけをぶつけてしまいましたが苦笑


共に食事をとるということの、
精神文化の大切さを考えた出来事でした!

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.