神事

2012-12-19
Facebook にシェア

東広島の霊園,墓地なら、
黒瀬森の国墓苑へ★


今朝のニュースで、

鳥取県の五穀豊穣の神事が紹介されておりました。



できたばかりの新米でご飯を炊き、

お茶碗に山盛りに盛って、

来場者に振舞うというもの。



画像はないのですが、

マンガ日本むかし話

もびっくりのてんこ盛りで!(◎_◎;)笑



この神事では、
そのご飯を一粒残らず食べ切らなければ、

神への冒涜 とみなされるのだそうです。


そう、日本人は本来、そういった、
神への畏れ や 感謝 を大切にしてきた民族だったはず。


現代はなんでも簡単に手に入ってしまうために、そのような、目に見えないものへの感謝の気持ちがなくなってしまっております。



目の前にあるもの、
目の前にいる人、

これが全てになってしまっている。


しかしその先にあるもの、
目に見えないそのバックグラウンド

に感謝するというのは、極めて大切なことなのだと、改めて感じました。



墓石もまた、
神である自然から切り取り、いただいたものです。

このような日本の土地で育まれた石を墓石とすることが、

私たちの祖先の加護を得て、
子孫に幸せを継承する力があることは

疑う余地がありません!(((o(*゚▽゚*)o)))



森の国墓苑
お問い合わせはこちら⇩
フリーコール0800-300-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.