広島の墓地事情

2012-09-20
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★


広島はゆうべあたりから、
わりと涼しくなってきました。

本日の空はくずついた天気となっております★




さて今日は、広島の墓地事情についてシリーズです。



ここ7〜8年くらいの間に、
多くの墓地で急激に


永代供養墓


の設置が増えました。



この永代供養墓とは、

個人や、いち家庭のお墓ではなく、


みんなのお墓



として、希望者は同じ骨室に入り、
合同で供養されるというものです。



この永代供養墓、いまに始まったものではなく、

身寄りのない方や、
跡取りのおられない方などのご遺骨の
受け皿として、

実際はかなり昔から、あるにはありました。




ここ何年かで脚光をあび、
多くの霊園にとってなくてはならないものになったことも、ひとつの時代の流れですね★





さて前おきが長くなりましたが、

この広島でも、永代供養墓を完備する墓地が増えてきたように思います。


これからお墓を建てられる方も、
あるいははじめから永代供養墓の利用を考えている方も、


その墓地の環境や、
管理者の対応などをよくみて、
ご検討なさるとよいと思います(*^◯^*)







ここ最近はとくに、
多くの人が、自ら周りの社会との縁を遠ざけ無縁となっていく時代でした。

その一方、
狂おしいまでに、いつまでも、いつまでも、

誰かに供養してもらいたい
(有縁でいたい)

と思うのは、なにやら矛盾しているように思いますが、



永代供養に人気がある背景には、
そんな人間の複雑な感情があるように思えます( ̄▽ ̄)。






あっ、もちろん、森の国墓苑にも永代供養墓は完備しておりますので、
気になる方は是非見にいらしてください(*^◯^*)



20120920-165025.jpg

森の国墓苑
お問い合わせはこちら⇩
フリーコール0800-300-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2017 東広島の霊園なら『黒瀬森の国墓苑』へ All Rights Reserved.