優しさ

2012-08-15
Facebook にシェア

森の国に棲む古風な和漢★
小田和比古ブログへようこそ★

ある家族の話。

その家族は、父、母、長女、長男の四人家族です。

その日家族は、ある芸能プロダクションのパーティーに出席しておりました。

新旧入り混じり、沢山のスターが出席するそのパーティーですが、

その時人気のある俳優のテーブルには、自然と沢山のファンが殺到します。

しかし、芸能界とは厳しいもの、
あまり人気のない俳優のテーブルには人は集まらず、酷な状況となります。

その日もある女優が、
ひとりぽつねんと、自分のテーブルに取り残されてました。

彼女は、10年ほど前には第一線で活躍し、人気絶頂だったのですが、
現在では若い後輩に追い越され、
テレビにもあまり登場しなくなってました。

その家族でも長女、長男は、
年齢的にその女優の過去の栄光を知りません。

それでも、状況を理解した長女が口を開きました。

ねえねえお父さん、あのひとのテーブルに行ってあげようよ。」

ん、おう、おう、そうじゃのう、
そうしよう
‼」

そこでその家族が、どんな会話をしたのかまではわかりません。

しかしきっと、
行くところがないから
とか、
かわいそうだから来てやった

という体では接してないはずです。

実際は、その通りなのだけれども。

女優も、家族も、
お互い状況を分かっていて、
それでいて、その痛いところには触れず、覆い隠すような楽しい会話をしたのかもしれません(#^.^#)

“優しい”って、どういうことでしょうか。

相手の苦しみを慮り、取り除くように対応すること。
そしてそこに、見返りを求めない行動ほど、心動かされます。

私にとって、
つい人に話したくなる、
ちょっといい話でした(^◇^)★

森の国墓苑
お問い合わせはこちら⇩
0800-300-1194
wap8024skrk@mx51.tiki.ne.jp

コメントはありません

コメントを書く







コメント内容


Copyright(C) 2018 永代供養・樹木墓完備『森の国墓苑』 All Rights Reserved.